2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本・映画( 179 )

うーむ

最近の読書
「ユリゴコロ」
最後そうだったの!というどんでん返しであるべきなのかもしれないけれど
私にはそんなのって?という展開。なんかわかりそうじゃね?とも思うし
実際そんな怖い人が身近にいるのも、結局最終的にはそれを家族全員で赦しちゃってるのも
意味がわかんね。
なんだったら最後は、殺したかったヤツを先にやってくれてありがとう。くらい
になっちゃってて。最後の爽やか感に違和感。
妙に細谷さん(犯人?)がでばってくるし、美化してくる後半から変な話ーという印象。
前半は怪しくて面白かったんだけどね。とっても残念。

「30歳からの暮らし方」
うーーむ。なんか途中でやめてしまったので、後半面白かったら悪いのですが
ほんとにただただ自分のことを書いているんだけど、「うん、それで?」と
言いたくなるような。深みのない話です。
むむむー。

次は「女の庭」を読む予定です。
図書館の予約本が思いのほかなかなか来ないので全然読書が進みませぬー。
[PR]
by non2t | 2011-11-02 12:33 | 本・映画 | Comments(0)

今読んでる

なんかすごいわかるなー、の「ワーカーズ・ダイジェスト」
まだ途中なのだけど、面白い(装丁もかわいい)。

f0024409_13182410.jpg「なんにしろ、自分を甘やかすことが少しは必要なのだとおもう。そんなに自分に厳しくしている自覚もなかった
けれど、本当は自分はどうしようもなく甘ったれた人間で、だから無理していることに
綻びが出てきて、周囲の人とうまくやっていけなくなってしまったのだろう。」

主人公がカレー屋で追加のラッシーを頼むくだりで出てくるのだけど、余分な出費と余分な
カロリー摂取が、なんかすごく悪いことのように思えて我慢してしまうその感じ。
大きな悩みが吹っきれると、急に職場の些細な人間関係が気になりだしたり。
30を超えての肉体的・精神的な変化とか。
ほんとに身につまされることばかり。
うまいなぁ。
[PR]
by non2t | 2011-10-25 13:14 | 本・映画 | Comments(0)

いろいろ

ビッグダディ、8日のやつ。かなり期待していたのに大したことなかった。
なんか卑猥だった(苦笑)もっと、びっくりさせてほしい。ビックリダディ!
「カーネーション」もおひさまつながりで録画しているけど一話も見れてません。
もう無理だから予約辞めようかな。

旦那ちんは、テレ東で始まった「機動戦士ガンダム 第07板倉小隊」と
「ゴーカイジャー」(昔のレンジャーが見たいとのこと)を録画し始めた。
あとは「タモリ倶楽部」と「今夜もドル箱」が旦那ちんのラインナップ。
私は怒り新党と芸人報道かなー。
そういう手軽なバラエティーのほうが、真剣に見ないとダメな(ついていけない)
ドラマよりもついつい選んで見てしまうんだよね。

「ラストマネー」初回面白かったからちゃんと見たいのだけどまだ一話のみ。
それにしてもなんだってサクセスは、違う人になっちゃったんだろうね?海猿の告知の間も
「サクセス!(キリッ!)」って感じで大いに宣伝してたし、もう彼(伊藤)そのものが
「サクセス」という呼び名になっちゃってたのにさ。残念無念。

最近(というか結構前から)、設楽(バナナマン)に萌え(死語)。
好きな芸能人は?と聞かれたら、最近パっとした人がいなかったけど。
岡田君(まさき)とか、好きだけど弟みたいというか夢?みたいな話だったけど、
設楽がいい!付き合いたい!抱かれてもいい!(笑




最近の本

「花の鎖」 湊かなえ
なんかよくわからない話でした(いや、意味はわかるんだけど)
3つの話に分かれていてそれが最後に1つの物語に。という展開なのだけど
かなり分かりづらく、そのわりに結末はそこまで驚くようなものでもない、という。
残念なことに。
登場人物のだれにも特に肩入れできなかったし。でもきんつば食べたくなったー。
[PR]
by non2t | 2011-10-14 11:44 | 本・映画 | Comments(4)

秋ですな

以前の記事でも図書館復活を書きましたが。それがとても嬉しいnonです。

職場のお昼休みも、息子が寝た後も(いつもは添い寝でそのまま爆睡)、ちょっとした
空き時間にも読んでいます。
昨日までは「アントキノイノチ」、今日から「花の鎖」です。


「アントキノイノチ」
映画のキャスティングを知っているせいか、ゆきちゃんはまんま
栄倉ななちゃんを想像して読みました。
まぁ、いい話(?)ではあるのだけど、クーパーズの仕事のすごさに感銘を受けた
作者がその仕事がどんなに大変で過酷で、そして尊いかを力説したかったために
書いたような?そんな印象も受ける。
佐相さんが原田たいぞうか~。吉と出るか凶と出るか。映画も見てみたくなった。
[PR]
by non2t | 2011-10-13 10:14 | 本・映画 | Comments(0)

やっぱり

図書館から久々予約本がきました「ダークゾーン」
貴志さんの新作(もうそうでもない?)です。

私の町の図書館が、元々3月~7月の間に改築することにはなっていたのですが、
更に震災で工事期間が延長され、少しだけできた予約も全部中止になり
すっかり本が途絶えていたのですが、どうやら改築工事の前に入れていた3冊の予約だけは
生きていたみたいです。
なのであと2冊は近いうちに届くらしい。
その後は改築が終わるまで(予定では9月)、ほぼ図書館の運営は休業、ということらしい。
悲しい・・。

もう予約していたことも忘れていたにもかかわらずやっぱり来ると嬉しくて
体調の悪い息子の横で横になり、一気に読んでしまいました。

まぁ、バトル自体の発想は面白いし(序盤はGUNTS?に似てない?と思ったりもしたけど)
ゲームのルールを理解していくとかなり難しくて興奮しましたが、いかんせんゲーム以外の
ストーリーがベタでつまらなく、全然共感できなかったなぁ。
しかもラストが冒頭につながるところがねぇ。。。


でもでもやっぱり読書は楽しいね。
[PR]
by non2t | 2011-06-18 12:28 | 本・映画 | Comments(0)

久しぶりに映画

まさにちょうど一年ぶりに映画を見に行ってきました。
実家に息子を預けるので都合のいい時間などから「マザーウォーター」に決定。


毎週のように映画を見に行けていたときには、多分これはこれであり。と普通に
思えたのだと思うのだけど久しぶりすぎる&滅多にいけない、と思うと
正直つまらなかった。
ウイスキー(山崎)大好きだし、豆腐を扱うときなどすべての水の音はほんとに心地よかったけれど
私は実際こういうのはあまり好きではないのだな、と思う。
めがねもプールも見てないしな。

1日の映画DAYというのと平日の昼間というのでうちの母くらいの年齢のおひとり様が多かったのが
印象的。
ところどころ良いセリフもあるのだけどやっぱり単調。
一歳半くらいの子供が出てくるので、息子に会いたくなってしまったのも一因か。
[PR]
by non2t | 2010-11-01 18:37 | 本・映画 | Comments(0)

読書の秋

「なくしたものたちの国」良かったです(もちろんイラストも)。
ついつい寝ないで一気読みしてしまった。最近の私には珍しいことです。


最近読んだ本
「ちいさいおうち」「ダーリンは外国人with baby」「ひとり上手な結婚」「竜が最後にかえる場所」
ほかにも読んでるはずなのだけど忘れてしまった。
恒川光太郎さん大好きなのでつい借りるのだけど、二作目以降はあんまりだなぁ。残念。

「In RED」の更にお姉さん的な雑誌「GROW」とやらが創刊されましたね。
もう私はそっちの人か?(笑
創刊号は買ってみたい気もするけど付録がなぁ・・。

書いて気付いたのですが、GROWではなくGLOWでした。なるほどー、艶?なのね
[PR]
by non2t | 2010-10-29 17:05 | 本・映画 | Comments(2)

最近読んだ

「あぁーっ!」とあまり可愛げのない声で叫ぶのが息子の最近のブームらしい。

2~3歳になると手がつけられないほどぐずったりするのだろうけど、その時にあの音量(声)で騒がれるとおもうと(成長してるだけにもっとか?)怖いっ。


最近読んだ本「球体の蛇」「ネグレクト」「オー!ファーザー」「雨心中」

「オー!ファーザー」。伊坂氏のあとがきにもある通り第一期作品。という感じ(私は第二期のほうが好きなのかもしれない、でも重力ピエロは大好き)
張り巡らせられた伏線が・・とあるがそこまでおぉ!っとなることはなかった
そういう点ではアヒルと鴨・・がやっぱり一番良かったんじゃないかな。


「球体の蛇」相変わらず怪しく暗い感じがする。これは結構好きです。面白かった。
この間トップランナーに道尾さん出てたなぁ~と思いながら読む。
ビッグマウスとか言われてるらしいけど、普通のことを言ってると思ったよ。


「雨心中」まったく良くない。気持ち悪い。と思ってしまうんだけど・・・どうなの?
読んだ方の感想を聞きたい。
[PR]
by non2t | 2010-08-17 09:51 | 本・映画 | Comments(4)

少し読書

ドラマ「モテキ」面白いですねー。


図書館で予約していた本が一気にきてしかも一週間本なので、焦って読んでます。

「下流の宴」「喋喋喃喃」「光媒の光」

「光謀の光」はよかった。

「喋喋喃喃」読みやすくそれなりに読むんだけど、でいったいなんだったのか・・?と思ってしまうような。とにかく主人公は潔癖なふりした人?だね。元彼とか近所のじいさんとかみんなに好かれるわけですよ(笑)
食堂かたつむりのときもそうだけど、若い人(?)の好きそうなものを散りばめて、素敵な暮らし方なんかでひきつけるのがうまい。
自分もついつい読んじゃうんだけど。小説だからね、いくらでも素敵に書けますよ。




少し前の「天然生活」の小さな台所のところ、しみじみ読む(ずらり料理上手の台所みたいな、こういうのをしつこく見るのが好き)。
うちのキッチンに不満はいっぱいで、最近家を建てた(建てる)友人が多く羨ましい!なんて思ってしまうのだけど。豪華なシステムキッチン(それが欲しいわけではないが)があるからどうではなくて、あるものをどれだけ工夫して暮らしやすくするか。その限られたスペースであったり設備でどれだけセンスよく暮らせるか。なんだよね。
と当たり前のことを思い、ちょっと妬ましいような自分の負の感情を処理していたり(苦笑)


うちは狭いし収納も少なくお風呂も小さいし・・でもそのコンパクトさでいつでも家族に目が届くし、みんなで一緒にいる(しかない?笑)。そういう感じはなかなかいいのだ。
ないものねだりはやめて、自分の家を大事に暮らすんだね。
[PR]
by non2t | 2010-08-06 08:54 | 本・映画 | Comments(2)

本とテレビ

最近読んだ本のことばかり書いてる気がしますが
予約していた本が三冊も一気にきてしまいました
人気本は一週間が期限なので、かなり焦った。
焦りすぎてハイペースで読んだら初日で2冊読み終わってしまった(笑
なんだったんだ。

「廃墟に乞う」佐々木譲
「私の家では何も起こらない」恩田陸

廃墟に乞うは、私的にはどうということもなく。
渋いな、と思ったけど。
恩田さんのほうは、恩田さんらしい作品でした、息子が寝て旦那ちんの帰りを待ってる
間に読んだのでちょっとこわかった(笑

あと一冊の人気本は「夢ほりびと」池永陽 です
今日から読みます

あと人気本ではないけれど「南のこどもが夜いくところ」恒川光太郎
も借りることが出来ました。
これが一番楽しみだったりしてます。

読んだ順番をみると、いくら急いでいても楽しみはとっておく性格が出ているような。




あとテレビ話。

最近2チャンネル(教育テレビ)よくつけてますが、ほんとに面白いんだね。
ピタゴラスイッチ(アルゴリズム体操が特に好き)とぜんまいざむらいが
贔屓なんだけど(ぜんまいざむらい大好きで、パルでハンドタオルを買ってしまった 笑
マックのハッピーセットのおまけになると知りテンションあがってます 笑)
クインテッドとシャキーンも好き。どっちかというと「いないいいないばぁ」と「おかさんといっしょ」以外の番組が好きだったりして。
これはあくまでも母親の好みです。


息子はオフロスキーが出るとかなり笑顔だよ(笑)
[PR]
by non2t | 2010-03-12 07:58 | 本・映画 | Comments(4)