2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:本・映画( 179 )

ドラマ話

息子が寝ている間にここぞとばかりに録画してあった番組見ました。

ドラマは「リーガル・ハイ」以外ちゃんと見れている(家族のうた、とりあえず追っかけてますが
やっぱり無理が出てきましたね 苦笑)のがなかったのですが、ここで決断。
「37歳で医者になった・・」と「パパドル」は、全話録画してあったのですが、消去することに。
一話も見ないで消すのは残念ですが、多分もう見ないだろうし。

んで、全話見れてなかった「鍵のかかった部屋」これを6話一気に見ました(笑
戸田えりか、カワイー!佐藤浩市おもしれー!ってことでこのドラマいいですね。
大野君はあれでいいんじゃないでしょうか。

そしてNHKの「初恋」、こっちもなかなかに感動的。
もともと木村佳乃が好きなので、美しさにほれぼれ&旦那様の頑張りや息子の成長など
目がウルウル’(笑)
これはまだ一話目なので、そのまま追いかけたいです。
それにしても、鈴木京香も綺麗だったなー(リーガル・ハイ)。
若くない魅力?みたいなものがひしひしです。

あと、録画しながらも全然見れてないのは「都市伝説の女」のみに。
これどうですか?
見ている人いるでしょうか?


結局残ったのが「リーガル・ハイ」と「鍵のかかった部屋」というコードブルーコンビに。
戸田&新垣はよいです。
そしてやはり佐藤浩市、前回の中井貴一に続いて大人の演技の幅が素晴らしいな~と。
[PR]
by non2t | 2012-05-25 08:55 | 本・映画 | Comments(8)

テルマエ

土曜日は息子は登園日。いつもはその日を出勤日にあてるのですが
年前半は土曜出勤が減るのでお休みでした。
美容院に行ってすっきりー、と思っていたのですが、どうも16時のお迎えに
間に合いそうにない時間に予約をいれていて、ギリギリバタバタするのが嫌なので
別な日にすることにして、映画を見ることに。

ほんとはSPECかファミリーツリーかな、と思っていたのですが9時登園、13時お迎え
の予定にピッタリだったのが「テルマエ・ロマエ」。
面白そうだし、いいか!とほーーんと久々。
朝一だったせいもあるのか?ガラガラでした。
まー、面白いけど。大爆笑ってんでもないね。
やたらおじいさんが出る映画でなごみました。
上戸彩ちゃんは最近巨乳を解禁してるっぽいんだけど、今回もそんな感じでゆさゆさ(笑

劇場で予告を見たらノーマークだった「GIRL」が、なんか急に見たくなる(向井&香里奈が
ネックで見たくなかった)。
多分原作は読んでいるはず。
なんとか時間を作って見に行こうかなー。でもそれなら「外事警察」とか見たいよね・・
「ホタルノヒカリ」も相変わらずだけど、松雪版干物女など登場で、なんか面白そう。
ぶちょぉ~。久しぶり。
などなどそう言っているうちに何もみずに終わるのだろうか。
比較的休みがゆっくりしている前半に、少しはこういう時間を持つのもいいな。

16時まで1人時間を満喫しても良かったのですが、たまには早いお迎えで「みなさん、ママ
来たんで、お先に!」状態を味あわせてあげよう、とお昼終了後すぐの迎えにしたら
超、嬉しそうで。ほんと良かった。
その後、公園で思う存分走り回り、滑り台エンドレスで、息子も楽しそうだった。
半日は1人でゆっくりして、午後は息子と一緒に遊ぶ。これが最強バランスかもね(笑
[PR]
by non2t | 2012-05-21 08:33 | 本・映画 | Comments(2)

そうでもない

最近借りてきても途中で挫折してしまって、ちゃんと一冊読まないときがあるのです。
今までは意地?でもきっちり読んでいたのに、なんという心境の変化か?

ってことで、最近の挫折本
「お別れ、そのあとで」「星に願いを、月に祈りを」
本が悪いわけではありません。私がダメなのです。
気のりしないときにも、それなりに読むホンもあると思うと微妙ですが(苦笑)


今は「私の中の男の子」読んでます。お昼休みで半分以上読んだので、明日にも読み
終わりそう。読みやすい。

ナオコーラさん、相変わらずな感じで(悪い意味で)なんかすごく自意識過剰というか
そういう人なんだよなーと思うんだけど。
私、まったく作家さんの顔とか気にしたことなくて、なのにこれ読んでナオコーラさんを
検索してしまった(苦笑)
そして、おっしゃる通りの感じで一重なんだなぁ。と。
まーどうでもいいんだけどね。
自分の中で、人のセックスを笑うな。と袋小路の男が出た時には、なんか良い作家さんが
一気に出て読むの楽しいなー。とか思った記憶があるのだけど(多分、同じような時期だった
ような??)
その延長でついつい読んでしまうのかな。
[PR]
by non2t | 2012-05-14 14:30 | 本・映画 | Comments(0)

Sunny

昨日読んだ本(マンガ)。

f0024409_1611747.jpg松本大洋の「Sunny」。

一巻もいいけど二巻が良い。

買ったのは4月の中旬でしたが、読み始めたら一気に読みたいし。で今になってしまった。

自分がいい母親だ、なんて思ってるわけじゃないけど、子供というのはほんとにほんとに
どんな親でも、どうしようもなく好きで求めてしまうんだよね。
よく、テレビなんかで生まれてすぐに施設に預けられて、とても良い育ての親がいて。なのに
大人になって、やっぱり産んでくれた親に会いたい。なんつーことを言い出して
探してもらって、涙の御対面~、なんて番組あったけど、私には全然共感できない(親にも子にも)。
何がどうしてかそうさせてしまうのか。

小さいころに捨てられても、どんなに寂しくて悲しくても、それでも見限ることのできない
くらい、それくらいの愛情を自分はぶつけられてるんだ、と思った。
気が引き締まるような、そんな気持ち。
小さくてやわらかくていい匂いで、面倒くさいけど絶対に裏切らないそんな存在を、むげになんてできないよね。




f0024409_1014534.jpg


コンビニで息子が欲しがったので購入。
なんだかとても気に入った様子で、チャイルドシートに座りながら
毎度広げて見てます。
色んなシリーズがあるので、追加するのもいいかも。
[PR]
by non2t | 2012-05-10 16:18 | 本・映画 | Comments(0)

うむ

この間人間関係で色々あって「すーちゃん」を思いだしたのを機に
未読だった「週末、森で」をAmazonでポチったら、なんと?二冊も届いてしまった。
むーーー。バカバカ自分。でも返品の労力を考えると(文庫だし)誰かにプレゼントでも
したほうがいいかも。
なのに、あんまり面白くない。私は断然すーちゃんのほうが好きなのであった(苦笑


最近の息子。園の先生にも「どんどん活発になってきましたね~」と言われるのだけど
言葉のほうもいろいろで面白い。
前は単語の組み合わせだったものが、今じゃすっかり文章になってるしね。

昨夜は、いつもだったら「イチゴ!ちょーだい」とか「バナナちょーだい」とか
言うのに、「フルーツちょーだい。フルーツよ、ママ」と言われたときに、なんか吹き出して
しまった(笑
総称?で言うんだね、そこ。みたいな。なんでもいいから食べたいのだね。
うちでは結構「果物」ということが多いので、園での影響かな。面白い。
言い回しがちゃんとしすぎて面白かったりすると、文句を言ってブータレてたりするのにもかかわらず「もう、そんなこと言えるんだねー」と笑ってしまう。
そうすると、息子も得意そうに笑う。


しつこく、この話。
激辛ペヤング、どうやらハマりきってしまったようです。
昨日も息子が普通の夕飯を食べてる脇で作って食べてしまいました(笑
息子も「辛いめんめん」との認識があるらしく(ママが涙目で食べてる 笑)
欲しがらないので平気です。
昨日は、色んな事をグルグル考えまくって、どんより気分だったのだけれどその辛さで
なんかスッキリしました。美味しいとかそういうのじゃなくて、すんごい辛いのを
食べる、という行為がなんか。
刺激を求めているのか?わたし?
[PR]
by non2t | 2012-05-09 10:06 | 本・映画 | Comments(0)

絵本など

この間テレビでちらっと「ガンバの冒険」をやっていて、旦那ちんと懐かしいーと
盛り上がりました。見ていたのは(好きだったのも)覚えているのだけどストーリーの
記憶があまりなくて(私って、読んだ本もそうだけどそんなのばっかり、どっかおかしいの
でしょうか・・・?)DVDBOXでも買ってみたいな~と思う今日このごろ。
息子も喜んでくれるかな。

懐かしの、でいうとうちは母親の好みで「母をたずねて三千里」と「みつばちハッチ」を
よく見ていた記憶が。
どっちもなんか暗いと言うか悲しいというか、可哀そうだったりするんですよね。
まぁ、昔のアニメはそういうものが多いのかも。
あと時代は違いますが「エースをねらえ」も見てましたねー、母親が好きだったので(笑
何度再放送見たかわかんないくらい。
見るアニメや絵本など、ある程度の年齢までは親の影響大ですよね。


この間図書館で借りてきた絵本。
益田ミリさん(すーちゃんなど)の絵本です。

f0024409_8591767.jpg

「おはよう、ぼくだよ」
絵も最高に可愛くて、内容も好きです。

「はやくはやくっていわないで」のほうが有名?のようですが、私は
こっちのほうが好きかなぁ。
単純で可愛いのが好きなのです。

息子もくんくんするところでは、「ママ、ちて」と言ってきて一緒にくんくんしています。
可愛いなあー買おうかなー。
[PR]
by non2t | 2012-04-26 09:00 | 本・映画 | Comments(4)

PK

お昼休みは食事をとりながら片手で持って本を読んでます(一回カップ麺の
スープをジャバーっとこぼした経験あり、ならやめればいいのだけど)。

今日から読み始めた伊坂さんの「PK」
かなり良作の予感。伊坂さんの書くものの中でも自分が好きなものであるのがわかる(魔王とか呼吸とか)。
まだ途中。
このまま終わってくれるといいけど。
読み終わってから書けばいいのだけど、読み終わった感想ではなく
読んでいる感想をつい書いてしまう。
[PR]
by non2t | 2012-04-23 12:52 | 本・映画 | Comments(2)

いろいろ

最近の読書
「花嫁」「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」「空飛ぶタイヤ」

「花嫁」、なんか想像と違って面白かったです。二章目?から面白くなる。
「かのこちゃん・・」私、万城目さんはいいんですが、森見さんは苦手なんですー。
関係ないけど。
これは読みやすかったです。
「空飛ぶ・・」池井戸さんのはもう読むことはないと思う、とまで書いたけど(ルーズヴェルト・ゲームのとき)、これはちゃんと面白かったです。


今朝めざましでやっていましたが「外事警察」完成したのですね。
現在公開中のSPECといい、見たい見たいと言いつつ、なかなか見れません。
どっちも良作ドラマだったのに。
そんなに忙しいわけでもないのに、録画ドラマ1つも見れていません。もう草なぎくんの
なんか二話やっちゃってるし。
[PR]
by non2t | 2012-04-20 17:08 | 本・映画 | Comments(2)

三毛猫

ほとんどのドラマを録画はしているものの見れていないという状況で
三毛猫ホームズだけはリアルタイムで見てしまいました。

というのも小学校高学年~中学生の頃にほんとにとてもとても赤川次郎さんが好きで
勿論三毛猫ホームズも(調べてみたら記憶にあるのが黄昏ホテルまで
でした)その他の作品も1993年くらいまでは全部文庫でコツコツと買いそろえていた
記憶があるのでなんだかとても期待してしまうのです。
題名で思い出すのでは、騎士道とか幽霊クラブがお気に入りだった記憶が。

好きだった、面白かった、という記憶こそあれどもう20年以上前のことなので
詳しい設定などあまり覚えていなくて、石津ってあんなキャラだったかなー?とか
首をひねりつつ見たのですが(自分の中ではもっと大きくて無骨で気優しい人。ドラマでも
その設定の方が絶対に面白かったのに、と思う)義太郎としての相場ちゃんは悪くない
んじゃないかな。というところ。


もう一回読み返してみたいな、という気持ちと未読のものが沢山あるので楽しそうだな
というのもあるし、逆に今読んだらそうでもないのかな?とも思ったり。
それと、三毛猫ホームズで検索していたら大貫警部シリーズといのもあって、
すんごい好きだったなー!と思いだしました。表紙を見ただけで面白かったのを
思いだします。
勿論三姉妹探偵団シリーズも読んでたし(私はホームズ派だった)その当時のものは全部網羅
していたと思います。
すごいですよね、赤川次郎さん。
生活が落ち着いたら、図書館で借りてきてシリーズ全部読みなおしてみたいな~。
[PR]
by non2t | 2012-04-18 08:44 | 本・映画 | Comments(4)

いろいろ

映画SPEC楽しみと言ってましたが「ダークナイト・ライジング」もかなりの
期待値です。「ダークナイト」は最高に良かったので、とても楽しみ。


最近の読書
「しょっぱいドライヴ」「マスカレードホテル」
今は「僕のなかの壊れてない部分」

最近、もっともっと!と本を読みたいと思っていた気持ちがちょっと色々あって停滞して
しまった。急激にダウンです。
「デンデラ」。お昼休みに読むにはキツかった(苦笑)グロいのは結構平気なつもりなんだ
けど、老婆というのが妙にきつかった。その流れで次読んだ「しょっぱいドライヴ」も
変な気持ちに(笑)
「マスカレードホテル」面白いのだが正統派すぎる?あっという間に読み終わるも
あまりハマらず。
東野さんは今の自分の気分じゃないのだ、きっと。
あーでも映画化するには良さそうね。目の見えない(フリ)の偽老婆は誰が適役かな~。



そしてこんなものをも購入しています。
f0024409_9301795.jpg
[PR]
by non2t | 2012-02-15 09:36 | 本・映画 | Comments(0)