2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今日もちかれた

疲れたばっかり言ってる自分に喝!(大沢親分)
って言いたいところだけど、なんか疲れたよー、だるいのよー。


今日は、嫌がってた打ち合わせがあり(苦笑
案の定こっちは2人だっていうのは、業者側は5人・・・
まぁなんとか終わりましたよ
その後にも来客がありつつ、ホっと一息ついたら夕方から火災訓練だった。
とはいえ、水消火器を他の人がシューってやったりしてるのを見てるだけ
だったけどさ。
今回から業者が変わったんだけど、その業者さんは背が小さくて素朴なおじさんで
面白いことは言ってないのに、なんか面白くて、楽しめました。
良い人そうなので、いちいちうなずいたりリアクションをとってあげたりしてしまった(笑


そういえば昨日スーパーで買った塩鮭(大辛)が、期待以上に辛くて(しょっぱい)
ほんの一切れでご飯一膳食べれそうな勢いだった。お弁当にも入れたけどおいしかった。
今って、塩辛いのってあまりないから(売れないのだろう)珍しかったんだけど
亡くなったおばあちゃんは、こういうしょっぱい塩鮭が好きだったなぁ~
なんて思い出してしまったよ
父方の祖母は、実家の隣に(同じ敷地内)小さい家をたてて隠居生活をしていたのだけれど
(祖父は私が5歳くらいのときに亡くなった)すごくかわいがってもらった。内孫っていうのもあるんだろうけど。
高校・大学くらいになるとだんだん煙たいような気がしてきて。大学時代なんて暇な時間は沢山あったのだから、おばあちゃんのお茶のみ相手になってあげれたのに。
別にいじわるしたとか、嫌いだったとか、ひどいことした、なんてことはないのだけれど、絶対にもっと優しくしてあげることはできたし、もっと沢山話したり一緒にいれたのに、若い頃の自分はなんでそうできなかったのか。
普段車を運転しているときや、電車に乗っているとき、飲んでいるときにもそのことを思い出すと胸が痛いような、泣きたいような後悔が押し寄せてくる。
お母さんが入院してしまったときに、から揚げとかウインナーとか慣れない料理に一生懸命挑戦してくれたこと。お姉ちゃんは、「なんか油っぽい」とか言って食べなかったけど私は嬉しくてたくさん食べた。そのときに遠足があっておばあちゃんのお弁当じゃあれだから、って近所のおばさん(昔からの知り合い)に頼んでくれておいしそうなお弁当を作ってもらったこと。にんじんがお花の形になっていて、嬉しかったこととか・・
とにかく、もっと何かできたはずだし。もっと優しくすればよかった。そうできなかった昔の自分の浅はかさとか心根の優しくないところ(結局自分のことばかり)にすごく腹が立つのだ。
そんなことを思って、いい大人になってしまった孫が、地団駄を踏みたいような後悔でウルルンとなっているところを天国で見てくれてるのだろうか。




まだ木曜日かぁ。今週は土曜日も出勤です。
頑張らねば。
[PR]
Commented by FondueM at 2008-12-11 20:30 x
仕事が大変とか言いながら、二日連続でお邪魔します(笑)
お祖母様に対する泣きたくなる様な気持ち、物凄く共感・・・。
私は内孫ではなかったのですが、脳卒中をした直後の母方の祖母を一時実家で世話をしていた時があり、私はその時すでに親元を離れていたので、帰省時に顔を合わせるぐらいだったのですが、一点の曇りもなく優しい気持ちで接する時と、性格の違いもあって(祖母は自分の意思表示を遠慮して出来ない性格だったのです。『いいよ、悪いから。』が口癖でした。でも、そういう風に言われると返ってこちらもどうしたら良いかと、変なプレッシャーを感じてしまったりして・・・。)いらいらしてしまう瞬間が入り乱れていました。多分『老い』そのものに対するいいようのないやるせなさも、気持ちの裏にはあったのだと思います。
最期の時期に、しかも散々可愛がって貰った分、大人になった私がもっと思いやりを持つべきだったのに、100パーセントそうではなかった自分に後悔して、Nonさんみたいに地団駄踏みたくなったりします。でも、都合が良いですが、Nonさんのお祖母様も私も祖母も、そんな部分も受け入れて、天国から見守ってくれていると思うのです。
Commented by TURANDOTs_2 at 2008-12-11 23:16
後悔でウルルンとなっていること、
絶対見ていますよ。ちゃんと伝わっていますよ!

信じてくれても、信じてくれなくてもいいのですが、
亡くなった方の多くは、生きている方が
自分のことについて後悔していたり、
いつまでも不在を悲しんでいたりすることに
胸を痛めています。
もういいのだと、全部わかっているからって。
そして、本当はnonさんが今思い出せていない
いい思い出だっていっぱいあるのですよ、と。

今でも思い出してウルルンしちゃうnonさんが
心根が優しくないなんて私は思いません!

と、熱弁、すみません。
今週は土曜日まで出勤か。がんばってください!
Commented by non at 2008-12-13 09:12 x
FondueMさん!おはようございます。お仕事忙しいのに、コメントくださってありがとう!私も昨日は新規の仕事でバタバタ&ブルー(苦笑)でした。今日も出勤しておりますですー。
気持ちわかってくださいますか。確かに10代後半の頃には祖母の老いにたいしてやるせなさや一種の嫌悪感を持っていたのだと思います。
30をとっくに越え(笑)ようやく自分を大切に思ってくれた人への感謝の気持ちが持てるようになったのかな。。後悔は先にたたず、なのですが。両親には後悔のないように、これからは出来るだけ色んな体験を一緒に出来たらな、と思ったりしています。
きっと、祖母は私のひねくれた性格も重々承知だったと思いますので、きっと「わかっているから、そんな地団駄踏むんじゃないよー」なんて(笑)思ってくれているといいですね!
Commented by non at 2008-12-13 09:16 x
TURANDOsさん!
おはようございます!コメントありがとう。お返事遅くなってすみません。今日も仕事にきちゃっています。
いえいえ、私はおっしゃるようなことを信じていますよ!元からそういうことはあると思うし。不思議なつながりや経験も素直に受け入れるタイプ(?)です。
そっかー、では私が後悔していることで、心を痛めているかもしれないのですね。そういうことでもないと、忘れてしまいそうな気がして。。
でも忘れて呑気に生活してるくらいのほうが、おばあちゃんには安心なのかもしれないですね。
気づくのがすごく遅くなったけど、感謝や愛情の気持ちを沢山持っているし、かわいがってくれたことは忘れてないよ。ということが少しでいいから伝わってくれるといいなぁ。と思います!!
Commented by るび子 at 2008-12-15 10:52 x
そんなふうに思い出して、切なくなっているだけで、きっとおばあ様は分かってくれてると思うなぁ。
いつの時代も、ある年齢や立場になってようやく実感できることとか、後悔してしまうことなんてのが必ずあるんでしょうね。
それが「親孝行、したいときには・・・」というやつだと。
なんて偉そうなことを言っている自分も、祖父母はほとんど他界しているし、親にはまだまだ心配かけどおしだし、、、というわけで、まさしく自分がいつか子供を持つことがあったら、今の自分のワガママぶりを激しく反省するのでしょうか!(汗

やはり今できることは、家族とはしっかり心を通わせていくこと、なのかもしれませんねー。(自戒)
Commented by non2t at 2008-12-16 10:34
るび子さん!おはようです~
お返事遅くなってすみませんっ!
そうですよねぇー歳をとらなければこんな気持ちにならなかっただろうし
自分では若い頃と何ら(見た目は老けたけど 笑)変わってないと思っていたけれど、「あ、大人になってる・・(大人グリコより)」という感じなのでしょうか。
うんうん、今できることはまだ元気でいる両親に悔いが残らないように恩返しをすること。かもしれないですね。
by non2t | 2008-12-11 17:30 | 私のこと | Comments(6)