2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

彼女のこんだて帖

ミカ丸さんのとこで見てからずっと
気になっていました。
ついに借りてきましたよ!!

これはいいです。

f0024409_20483626.jpg
こちらに来てくださる方々にもお勧めできます。
料理本と短編集が一緒になったとても美味しい一冊。
角田さんのショートストーリーとベターホームのレシピ
このコラボ(笑)
ただものじゃないっす。







連作で続いていく、それぞれの主人公たちの料理にまつわるエピソード
その話の終わりにはちゃんとレシピも載っています
漬物の漬け方も、うどんもピザも生地から手作り。

どの主人公にも共感できるし、ホロっとさせられます
料理をすることによって、感じる愛情。強くなる自分。伝わる気持ち
料理っていいですね。


私の一番のお勧めは「豚柳川できみに会う」かな

妻が亡くなってから、日に日に恋しくなる料理
その作り方を探して、秋男は料理教室に通いだします
妻が毎日丁寧に料理を作ってくれていたことがとても
幸せなことだったことを感じながら
ようやくその味にたどり着いたとき、


ねえ?おいしい?と妻はよく訊いた。おいしいと自分はちゃんと答えていたか。
秋男は不安になる。
それで、つい大声でいってしまう「おれはこんなおいしいものを食べていたんだぁ」


次第に酔ってくる頭のなか、16年生きたポチと妻が、だだっ広野っぱらに
並んで座り、秋男の手料理を分け合いながら食べている姿が、まるで見たかのように
思い浮かんだ。




表紙のイラストは大好きな魚喃キリコさん
そして巻末には、角田さんの亡くなったお母さんとの料理の想い出が

お勧めですね
[PR]
Commented by moriyamakuma at 2006-11-16 09:30
おお!
わたしはレシピ本として買おうと思ってましたよ~ 笑
nonさんが「良い!」と言ってらっしゃることだし、週末本屋に行ってきまーす。うふふ。楽しみ。
Commented by non2T at 2006-11-16 12:36
moriyamaさん
おはようです。
うん、これなかなかいいですよー。かんたん料理と書いてあるけどなかなか本格的なものもある感じです。
私は、この中のレシピでは作っていないのですがタイ風さつまあげが美味しそうでしたぁ~。
Commented by ミカ丸 at 2006-11-16 15:01 x
あちらにもコメント残しましたがこっちにも!(笑)
nonさんも気に入ってくれたみたいで、よかったよかった!!
実はある話を読んだとき、ちらっと旦那ちんさんのことが頭をよぎったのでした(笑)

レシピはまだわたしも試してないんですけどね(笑)
さつまあげは惹かれましたね!
Commented by non2T at 2006-11-16 15:49
ミカ丸さん!
こんにちは、こちらにもコメントありがとうです

うん!気に入りました。それぞれの話が短いけどみんなイイ感じ
でしたよね、ダイエット中の妹を気遣う話も(ピザ)、自分にもったいない彼氏に劣等感を覚える話も(漬物)。
旦那ちん話!??
どれだっ!
もしかしてストライキするやつ??(ミートボール)だとしたら、いいなぁ~こんな風だったらいいなぁ~と思いながら読みました(笑)
by non2t | 2006-11-15 20:38 | 本・映画 | Comments(4)