2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

土曜日

仕事に来ています。

なんか寒いねー。晴れてても寒い。すっかり冬だ。

最近の読書
予約本が4冊もきたので、うきうきで読んでる
「タダイマトビラ」、一晩で読了。最後の衝撃とか言っててどうなるのかと思ったら
ほんと、でもあんまりこういうのはタイプではないな。芥川賞候補とかになったのかな?
なりそうな感じ。
「すみなれたからだで」こちらは短編集ゆえ、表題作の前までをお昼休みに。

この二冊を読んでて思うの
自分も母親になって、子を育ててる身なわけだけど
ほんと責任重大だよね。
普段はなんも思わず、気分で怒ったりもしてるんだけど
子が思うようには愛してやれない、とか母親としてうまくやれないとか、子を愛せない、とか
それは元をただせば自分と母親(もしくは両親)との関係が起因だったりして、そして子(孫)にもその負の連鎖が続くわけで
かといってただ可愛がってりゃいいかっていうともちろんそんなことでもなくて。

ただ生活の一部としてやっちゃってるけど、一人の人間を育てる。というのは気安いミッションじゃないってね。
まさかうちの子に限って。ということが多いに起こり得る世の中。
どう愛情を伝えて(与えて)行くのがいいのだろうね。なんてこと。
まぁ、小説にどっぷりつかるとそれはもちろんフィクションでありデフォルメされた世界なんだけどさ
難しいなーとか思ったり。

嘘をつかない(=約束を守る)、は心がけてるけど。日々平らな気持ちで自分の気分で怒らない、とか
全然守れてないし(苦笑)
優しい母親か?というと全然。あからさまに嫌な顔とかするしね。
もっと、寛容な?母親になりたい。
結局、自分の母親に似てきてる気がする。
自分が小学一年生の時どうだった?と思えば息子なんかまだまだ序の口なのに
怒って呆れてため息ついちゃう自分。性格悪いわ(苦笑




[PR]
by non2t | 2016-11-26 15:55 | 生活 | Comments(0)