2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

月曜日

今朝も息子は起きれずぐずりまくり・・・

いつもは、下の親の手前もあってある程度なだめすかしてから家を出るのですが
そんなこと言ってるといつになるかわからないし、遅刻はしないとはいえ
遅れるのがとにかく嫌なので(なんかだいたいにおいてだらしのない私なのですが
とにかく時間に遅れるのが嫌い。一緒にやっている後輩に朝の諸々をさせてしまうのも
申し訳なく思うし)、今日はもういいや、と泣きわめいているまんま抱きかかえて
バタバタ暴れながら下に降りて家を出ました。
義母さんは、私の子育て等について口をはさんでくるようなことはしない人なので
今回も、声で状況を察して「行ってらっしゃい、頑張ってね」とだけ声をかけて
くれました。
そして、息子は・・・「おしっこ」と言いだしたかと思ったらコンビニに泊める
間もなくおもらしし、泣きすぎてのプチゲロ?(とはいっても液だけ 苦笑)まで
して、朝だけでかなりの疲労感では?というとっ散らかり具合。
結局、あーでもねーこーでもねぇ、と時間がかかり今日も遅くなってしまった(涙


週末・・
土曜日は、先月の頭に第二子を出産した友人の家に遊びに。
そこの長男くんとはとっても仲がいいので、息子も楽しそうに遊んで盛り上がり
気づいたら19時!?急いで帰って、旦那ちんの夕飯の支度など。
息子は帰りの車で寝てそのまま深夜まで爆睡。朝までコースを期待していたのに
0時に起きだして、遊んだり夕飯食べたり・・・。次の日休みだからまぁいいか、と
野放しな自分も悪いんだけど。
日曜日、午後から3人で公園へ。ストライダー乗ったり走り回ったりさせたいけど
ほどよい距離で良い公園ないかな?と旦那ちんにまるなげ。
とりあえずなかなか良さそうなところに連れてってもらい、夕方まで。
帰りメガポテト目当てで行ったものの、高いしセットもないので、普通にタツタ
セット&ハッピーセット。
帰宅後もだらだら・・。
週末だと思うと、自分も気が緩む、っていうか緩みたい!時間に追われず自由にさせて!
と思ってしまいダラダラ生活してしまうのが、息子が朝みっちりしない原因なのだよね。
週末が楽しかった分、朝が辛いのもあるし。
はー。

今週は土曜日まで。
日曜日は、もう少し早起きしてもうちょっと広めの公園にでも遠征してみるか?
と計画中。

がんばろ。


最近の読書
「憤死」
綿矢りささん、面白くて好きね。
4編の中では当たり外れがあるけどでも、言葉の端々に若さが見え隠れして、その言い回しが
面白かったり。
好きな作家さんです。
表題作の「憤死」はその前に読んだ「しろいろの街の、その骨の体温の」に
似ている。読んでいてデジャブ?とか思った(笑
どっちも好きだけど。
これって女子にしかわかんないかもな、と思う。

最近、コンスタントに出るのでこのままのペースで行って欲しい。
[PR]
Commented by satoyama at 2013-05-28 22:36 x
こんばんは。
綿矢さん、寡作だったのに最近エンジンかかってますね。
この人1行目の「つかみ」が巧いと思うんですよ。
「さびしさは鳴る」
「届きますか、届きません」
ちょっと浮かばないですよね、これ。

自分の場合、図書館で借りて気に入ったものを新刊で買う、といった流れです。
結果、森絵都さん、角田さんが多いです。
二人とも文章表現が綺麗なので、何度も読みたくなる。
男性作家では、池井戸さん、横山秀夫さん、東野さんでしょうか。
Commented by non at 2013-05-29 08:27 x
satoyamaさん
おはようございます。
綿矢さん、最初の一行なのですねっ。これから注目して読んでみます。
私ってそういうの全然考えなしで読んでますね(苦笑
私は、図書館で借りて、気に入っても買わないっていう(笑
そんなことになってます。
女性作家の趣味はとってもよく似ていますが。男性作家はちと違うかもしれません。
単に好みの問題なのかもですが、
男性にはよくわかる(とても伝わる、理解できる)というのが同じ性別だと余計にあるのかもしれませんよねっ。

Commented at 2013-05-29 16:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by non2t at 2013-05-30 11:28
鍵コメ様
こんにちは!!
そうなんですーもうかなり悲しくなりました。なんか怒るというよりはガックリしすぎて泣きたくなるんですよね。
たまに、ほんとに泣いてます(苦笑

うんうん。きっとずっと泣いていたのだろうな、という疲れた顔を見ると胸が痛いですよねぇ。
私は最初の頃、迎えに行くと先生におぶられて泣き疲れている息子をみて、かなり苦しかったです。
思う存分甘えさせてあげなくちゃ、と思うのに家事にに追われて
「ちょっと待って」と言ってばかりの私です。
すぐに親離れしてしまうのだから、出来る限り要望にこたえてあげたいですよねっ。
お互い頑張りましょうー!
by non2t | 2013-05-27 11:39 | 生活 | Comments(4)