2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

夏は

夏はすぐそこに来ているのかな?という蒸し暑さ。
まだ梅雨でもないのにさ。

3歳8カ月になった息子はもう立派なお兄ちゃんで、癇癪を起して泣くことも
あるけれど、産まれたばかりのあの毎日のように泣いている頃とか、何かを
訴えたい時などとりあえず泣く(笑)的な頃ももう過ぎて、今では立派に言葉を操り
自分の気持ちを訴えることもできるのだけど、それでも私と喧嘩して、ママ大嫌い!でも、
ほんとは大好きなんだもん、というそんな時、まずは声や涙ではなくほんとに辛そうに顔を歪め、
出ない声を振り絞るように口を開けて泣きだしそうな顔を見ると「わーん」と泣きだしたのが
ほっとしてしまうくらいに胸が痛む。
泣きすぎて、ヒックヒックとなって言葉がうまく出ないときも、どんなに怒っていても
あぁなんで、こんなふうに泣かせてしまったのだろう、と胸が痛い。
まぁこの年齢では、怒るにしても車に飛び出すとか命にかかわること以外では、そこまで
怒らなくてもよかったな、と思えるくらいの悪さしかしないから、そう思うのかもしれない
けれど。
自分が子供の頃、やっぱり大泣きして、胸がひっくひっくとなってうまく喋れなくて
泣きやまなくちゃと思うのに、どうしても涙が出てしまうっていう、そういう気持ちが
ぐっとこみあげてくるのかもしれない。

私はいつも、自分が子供の頃にこれが嫌だったとかこんなに辛かった?みたいなことを
息子に照らし合わせて書くのだけど、別に親に虐待されてたとか可愛がってもらえなかった
とかそういうことではなくて(苦笑
でも、なんか小さな頃に胸を痛めていたことや、悲しかったことをやたら息子を見て
思い出してしまうんだな。
っていうのは、やっぱり子供時代何かに飢えていた、というか何か足りない気持ちを抱いて
成長したのかもしれない。

自分が子供の頃はこういう気持ちだった、と常日頃こんなに思ってる人っているのかなぁ、って。
両親のことは嫌いではなく、むしろちゃんと好きなのだけど。
いじめられてる子供が親に言っても解決しない、と思うのと同じようにあまり親に
期待していなかったような気もする。
ネガティブで引っ込み思案な私と母は対照的だったので、多分「こうしたらいいよ」と
言われるであろうことが、あまり役に立たない、と小学校3年くらいには悟っていたような
気もしてきた。
そんなこと気にする事じゃない。と言われても、小さな狭い子供の世界ではそれが一番大事
なのだ、というような。そういうずれが多すぎた。
姉も私みたいに(子供の頃、こんなふうだったのが悲しかったから、息子にはそういう風には
しない、とか)思って、子育てしてるのかなー。一度聞いてみよう。
自分がされたように、子にもしてしまう(よく暴力の連鎖のようなもので言われるけれど)
というのはあるのだろうか。。
旦那ちんを見ていると、あぁきっとこんなふうに言われて大きくなったのだな、と思うことが
たまにある。きっとそれは私(他人)だから気づくことで、義両親とか義妹にしたら、
当たり前、と思うことなのかもしれない、だったら逆も然りだよね。
[PR]
by non2t | 2013-05-22 18:10 | 生活 | Comments(0)