2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ひさしぶり

3~7日まで、早めの夏休みでした。

体調の方はまだ全然万全ではなくて(涙)、4日にも耳鼻科に診せて薬を追加
してもらったのですが、いまいちなので今日も帰りに行ってくる予定です。
テレビを見ていると、カビだダニだで、夏も色んな病気を発生するみたいだし
何が原因でこんなにダメなのか。知りたいような知りたくないような(苦笑
どっちにしても、もうそろそろ良くなってもらわないと夏休み本番が楽しめなさそうで
不安です。


とはいえ、この休みもなかなか楽しんできました。
金曜日、息子は園に預けて映画(1人)→ランチ(友人)→お茶(ではなくビール)→花火大会(実家)
という流れ。
友人と、あーでこないこーでもないとお喋りに花が咲きすぎて、ちょっと服でも
見に行く?と思っていたのにお茶まででタイムアップ。
首をながーくして待っている息子のもとへ。


花火は今年も実家の母と一緒に。
去年はまだおしゃべりも少ししか出来なかったので、リアクションもそこまででは
なかったのですが、今年は「わぁーキレイ!かわいい!」「赤だね、青だね、黄色だね!」
とペチャクチャお喋りしながらも、もう楽しくて、その場を離れたくないよう。
うちの母曰く「こんなに花火を集中してみる子供は初めてだよ」とのこと(笑
私も姉も、出店の食べ物に夢中で花火自体は最初の5分で興味が失せる、という
子供だったらしい(苦笑)
友人のお店でビールとポテトとたこ焼をGETして、お外で食べながら見る花火は
息子にとっても、とても楽しかったよう。
また来年も同じメンバーで同じようにしようね。



1人映画は「おおみかみこどもの雨と雪」を。
f0024409_10302221.jpg










映画館は、「海猿」一色という感じで、大人気だったなー。

見ている間には、そこまでエンエンと泣くようなことはなかったのに
エンディングで、「おかあさんの唄」が流れてきた途端に、かなり泣いて
しまいました。歌詞も曲も良くて、また映画になぞらえて作ってあるので、とても
感動的です。

特に子供が巣立って行く年齢のお母さんにはたまらないんじゃないかなと。
私も、特に男の子との別れはあっという間で早い、それを肝に銘じて今のこの幸せな時期を
見逃したくない、という気持ちに。
母親からみた息子の可愛さと、異性故のわからなさ、戸惑いなんかを、雨の設定によって(おおかみ)、より感じやすくしてあって、
男児との別れは(子離れ。親離れ)はこれくらいの覚悟なのかも。と。
とても分かりやすかった。

とりあえず甥っこが高校入学して、もう大分手が離れて寂しそうな姉にもおすすめして
おきました(笑
二度目、見ることがあったらきっともっと感動するんじゃないかなぁ。と思う。
おおかみこどもの2人が赤ちゃんのときの可愛らしさも、必見です。


そして月曜日にも、友達と一緒に息子の初映画「それいけ!あんぱんまん よみがえれバナナ島」を。


f0024409_10361560.gif初めての映画館、ということでどうなっちゃうかなーと
思ったのですが、それはもうおりこうさんに自分の席に座って
見ていました。
もっと色々喋ってくるかな?と思ったけれど、とにかく無言で(笑)物語に集中して
いるのか?固まったまんま(笑
ポテトやジュースを口に近付けると、おとなしく食べてました。

行く数日前から、「あんぱんまんの映画行こうね~」と話しかけていたので
息子もすっごく楽しみにしていました。
いい映画初体験になったんじゃないかなぁ。

内容の方は、まあ定番といいますか。私は元気な主人公(中の人が木村佳乃!)が
あんまり好きじゃないようで、カーナちゃんの回が良かったなーと思ったり。
ゴミラ的なのもいい。ちょっと物悲しい(?)のが好きなようです(笑)
これから色んな映画を見せてあげたいけれど、その都度自分が付き合って見るとすると
結構大変かもな(笑)とも思ったり。
[PR]
by non2t | 2012-08-08 10:52 | 生活 | Comments(0)