2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしゃべり

おしゃべり、絶賛上達中の息子。
園に行ってる間のほうが同じ年齢の子たちとあーでもないこーでもない
とお話するので上達しそうな気がするのだけど、やはり長期(?ってほどでもないけど
3連休とか正月休みとか)のお休み明けなんかに先生に「また一段とお話し上手になりましたね~」とか言われることが
多いので、ずっとべったり一緒に居てどうでもいいこともすべて話しかける私と一緒に居る
ほうが刺激になっているのだろうか?とも思ったり。
旦那ちんも私もあんまりキャラにない?と思うんだけど、なんやかんやと独り言のように
子供に話しかけるタイプらしく、産院でも出産後助産師さんが家に来たときにも、役場での
何カ月検診的なところでも「お母さんがたーくさんお子さんに話しかけているから
表情が豊かでよく笑うわね」とか言われたりして、意識的に頑張ってのことじゃなかったので
世のママたちはどれくらいの感じで話しかけているのだろう?と思った記憶も。
でも、妊娠中は姉にお腹に話しかける用マイク?みたいのをいただいたのにもかかわらず
ほぼ使うこともなく、特別話しかけることもなく、名前をつけて読んでみたりということも
皆無で。いざ、話しかけようと思ってみても「案外、言うことなくて困るよねー 笑」なんて
旦那ちんと話していたのだった。
まぁーそのときは、私と旦那ちんのどーでもいい話を聞いて息子はお腹の中でウトウトしていた
のかもしれないけれど。
世に出てきてみたら、腹の中で聞いていたどーでもいい話が間近で延々繰り返されるのを
聞いて「あぁこれか」と思ってたりね。
息子は(というよりも子供は?)人がゲラゲラ笑うのが嬉しくてつられて笑ってしまうらしく
息子のちょっとした発言でギャハハーっと私が笑うと同じようにギャハハーっと笑って
ママを大笑いさせて嬉しい!というような満面の笑顔で同じことを繰り返して
くるのが可愛くて面白くて仕方がない。
「○○だった?」と質問をすると律儀に「えっとぉ~?」と必ず考え込むしぐさをはさんでくるのも、
私が大人にするみたいに普通の話を「こうだったと思わない?」とか目をみて真剣に話すと
ちゃんと聞いているよ、と言わんばかりに目を見返して相槌を打ちながら聞いてくれて、
「ちょうちょう(そうそう)」と肯定してくれるのも。
小さくてかわいい味方がいつも自分にいる、と思えて嬉しい。
痛いの痛いの飛んでいけ~の色々バージョンをやってあげると律儀に「ママ、あがと(ありがとう」
とお礼も欠かさない。
息子は恋人、なんて思うことはないけど、でもやはり心強いようなそういう気持ちになるのも
確か。
旦那ちんは大切な家族だけれども他人で、息子はほんとの正真正銘の血の繋がり、というか自分の
腹から出たというほんとに血肉を分けた存在で、一緒に居ると似てしまう、とは次元の違う
繋がりが。
世のお母さんがたはそんな存在が2人、3人と居る人も沢山いるし当たり前のことなんだけど、
1人しかいなから余計にそんなことをつらつら考えるのかもしれないけど、やっぱりなんかいいかも、と思う。
友人は私は子供好きって思ってたけど自分が産んでみたら「自分の子がかわいい」で、他の子供
を見ても出産前のように「かわいい~」ってあんまり思わない、と言っていたけど
私は逆に誰の子供を見てもやっぱりかわいい。その違いはもしかすると「自分って子供好き」と
思っていたかどうかにあるのか?
[PR]
by non2t | 2012-02-17 09:20 | 息子 | Comments(0)