2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

少し読書

ドラマ「モテキ」面白いですねー。


図書館で予約していた本が一気にきてしかも一週間本なので、焦って読んでます。

「下流の宴」「喋喋喃喃」「光媒の光」

「光謀の光」はよかった。

「喋喋喃喃」読みやすくそれなりに読むんだけど、でいったいなんだったのか・・?と思ってしまうような。とにかく主人公は潔癖なふりした人?だね。元彼とか近所のじいさんとかみんなに好かれるわけですよ(笑)
食堂かたつむりのときもそうだけど、若い人(?)の好きそうなものを散りばめて、素敵な暮らし方なんかでひきつけるのがうまい。
自分もついつい読んじゃうんだけど。小説だからね、いくらでも素敵に書けますよ。




少し前の「天然生活」の小さな台所のところ、しみじみ読む(ずらり料理上手の台所みたいな、こういうのをしつこく見るのが好き)。
うちのキッチンに不満はいっぱいで、最近家を建てた(建てる)友人が多く羨ましい!なんて思ってしまうのだけど。豪華なシステムキッチン(それが欲しいわけではないが)があるからどうではなくて、あるものをどれだけ工夫して暮らしやすくするか。その限られたスペースであったり設備でどれだけセンスよく暮らせるか。なんだよね。
と当たり前のことを思い、ちょっと妬ましいような自分の負の感情を処理していたり(苦笑)


うちは狭いし収納も少なくお風呂も小さいし・・でもそのコンパクトさでいつでも家族に目が届くし、みんなで一緒にいる(しかない?笑)。そういう感じはなかなかいいのだ。
ないものねだりはやめて、自分の家を大事に暮らすんだね。
[PR]
Commented by shimotaka1971 at 2010-08-06 11:51

そうそう。
ウチも狭くて男の子ふたり、この先大丈夫なんだろうか…と思いつつ、
ま・でも引きこもりにだけはならないよねーと夫婦で話したりしています。
引きこもれる場所ないからね!
普通の男の子だったら、
こんなミチミチした家イヤで自立して出て行くと思う……。
あと、間取り上お風呂行くのもトイレ行くのも台所を通る必要があって、
チビたちが「トイレ~」と言う度に
料理中でも火を消さなきゃ!とか不都合はありますが、
常に目が届く(笑)というのはメリットでもあるので、
こんなもんですよねーきっと。

Commented by non at 2010-08-07 08:49 x
サマンサさん!おはようございます。毎日暑いですねー。

そうですよねぇ。確かにうちも引きこもろうにも引きこもってる場合じゃないかも?もしかして兄弟なんかできたら余計に!!
これから(何年もしたら)、どうなのかなぁ?とおもうけど。今は親子三人で狭いながらも十分に暮らしていけるし、そうそう広くて思い通りの家に住んでいる人ばかりじゃないですよねっ。
今あるものでやっていくしかない。ですよね。うんうん。
by non2t | 2010-08-06 08:54 | 本・映画 | Comments(2)