2005年9月挙式。2009年夏、ママになりました。


by non2T
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

少しだけ

楽になってきた気がする、ここ数日。
そう思ってるといきなりドーンと気持ち悪くなったりしそうなので、あまり
楽観しないようにしている。
今朝は気圧か?雨か?とりあえず頭痛かった。。明日休みなのが救いだわ。




週に3回くらい?義母さんから夕飯の惣菜を頂く。
どれも美味しいし、旦那ちんも好きなものなのですごく有り難いんだけれど
まぁ自分の中で考えていた献立が変わることもしばしば。
勿論、次の日に食べたっていいのだけれどなんとなくそれも悪い気がするので
その日に食卓に出すように。小さな私のルールと感謝の気持ち。


この間も、メインになりえる惣菜を頂いたときに「わぁー助かります、今日はこれで充分です」と
言ったのだけれど。「まぁ、これにお味噌汁とか目玉焼きくらいはね」といわれた。
そりゃーわかってるっていうか、頂いたそれ一品にほんとにするわけじゃないんだから・・と
思いつつ「目玉焼きいいですね」と返事をすると、「ほんと、〇〇(旦那ちん)は楽でしょー?
うるさくないから。まぁ好き嫌いは多いけどね」と言われた。

なんというか・・

魚全部ダメ(まぐろの刺身だけはOK).鶏肉(から揚げ以外はほとんどダメ・・骨付などはOUT)
野菜(香味野菜は全般ダメ)・魚介(ダシがでている系はダメ(シーフードカレーなんかも)or苦手。
イカとホタテは全てOUTあさり・しじみはOK)
などなど・・

私にとってはその偏食のせいで我慢していることは沢山あるつもりだし
料理本一冊見たって、食べれないもの満載で挑戦してみたいレシピを断念することばっかり
(子供が大きくなったら挑戦しよう)。
確かに旦那ちんは、献立に文句を言うこともないし石井のハンバーグがあれば、
ご飯2合食べれるような人だけど。
それを楽、として食べれるもの・好きなものばっかりをじゃんじゃん出せばいいのか?というと
私の考えとは違うんだよなー。基本、自分もそれに付き合うわけだし。

たとえば、実家で食事会という時には旦那ちんの好みを優先して肉系ばっかりになったり
温泉旅行なんかに行っても、部屋だしの和懐石なんか食べれないのでムリだったり(フレンチなども然り)
肉と魚のメインのチョイスが少ないコース料理はムリだったり(肉が鶏肉だったり、ソースに魚介が
つかわれてたり、とか以外に難しい)
まぁー書けばキリないけど、一緒に暮してみると思いのほか制約が多い。


結局そんな偏食なまま大人になっちゃった時点で、「嫌なものは食べなくてよし」の方針だった
ことはわかるし。それが大人として実際恥ずかしいことであるっていう意識もないのだから
私の考える食事を作るものとして楽。とは違う次元なのはわかるんだけどさ。


なんかそんな風に思うのかーと思うと、結婚当初なんか泣きたい位にその偏食に
悩まされたこととか、今だって思うような食卓ではないこととか、全然感じないんだろうな。
と思うとすっごくブルーに。
過剰反応だっていうのはわかってるし。義母さんは嫌味でもなんでもなくそう言ったのも
わかるんだけど
今の私には(つわりでキッチンに立つのも嫌)ちょっときつかった。

義母さんから頂く料理は、凝ったものではないけれどきちんと手作りで美味しいし
私も、ほんとに有り難いと思ってる。
それに確かに旦那ちんは、家庭料理といわれるもの(コロッケ・普通のカレー・ハンバーグなど)は
大好物なので、義母さんはあまり困った記憶がないのかもしれない。


なのでね、そんなのは、ひねた考えだって。わかってるんだけど・・

つまらない愚痴ですかね。むぅ。
[PR]
Commented by ayumi at 2009-02-20 12:08 x
こんにちはー。
食って難しいですよね。お母さん(奥さん)って、食に関しては各家庭の王様だから、食を否定するとその人の母親を否定することになっちゃうし…。
私は好き嫌いがないので、嫌いなものがある人の気持ちがあまり理解できなくて、それどころか「どっちかって言うと肉が好き(お店でオーダーが肉に偏る)」程度の偏りにさえイラっとくるくらいなのですが、特に流せないのが旦那母の「この子は優しいし、何でも美味しそうに食べるからayumiさんも楽でしょう?」という言葉なんですよ。
何度もさらっと言われているので(うちの母にも言った)、その時はにっこり同意してしまうのですが、後からじわじわと不本意な気持ちに…。
悪気がないのだろうし、実際すごく美味しそうに食べるんですけど、でもそこに私の手柄はないのか?と。
育てた自分(旦那母)だけが、嬉しそうにする権利があるのか?と。
家事ができない大人に育ててしまったことに対してはどう感じているのか?と。
私にビールを注いでくれるくらいで、一同(旦那母・兄・義理姉)から優しい優しいと褒められるのも納得いきません(怒)。
Commented by ayumi at 2009-02-20 12:14 x
追記です。
でも、子どもがいて、その子と一緒にご飯を食べるようになると、そこからまたちょっと変わるのかも、とも思います。
教育的配慮で親も好き嫌いをなくす、とかじゃなくて、小さい生き物が一生懸命食べる姿を見れば、見ている方も食べ物がおいしくなるんじゃないかと。
子どもがスポーツ好きだと、自然と親もルールを憶える感じで。
私は、子どもに家事を仕込んで、つられて父親もできるように…、という壮大な野望を持っています(笑)。
Commented by czblue at 2009-02-20 13:10 x
旦那ちん すごい偏食だねぇ(苦笑)ほんとほんと、「にんじんが嫌い」とか「ピーマンが嫌い」とかレベルの好き嫌いはどうとでもなるけど、魚全般ダメとか 鶏肉ダメとか 料理をする人からしたら大変だよね。献立が。
毎日のことだし、変化もつけなきゃ飽きちゃうし。
私はまだ未婚子なしだけど我が子が出来たら 食に関して我侭、贅沢じゃない子を育てたいって思ってます。。
「食べられるだけで有り難い。」そう小さな当たり前の喜びを理解できる子に育てたい!
Commented by non2t at 2009-02-20 14:02
ayumiさん。こんにちは!
実は義母に「楽でしょー」と言われたときに、今まで旦那ちんのことを食事のことで楽な人、と思ったことがないだけに「・・・・微妙です」と答えてしまいました(苦笑)あとであれは失言?と思ったけどほんとのほんとで「楽」だなんて言えなかったのだもの!(笑
私もほとんど好き嫌いがありません(らっきょ。くらい?)、なのでどこの店でも何を食べてもたいてい美味しく感じることができるので、ほんと人生の1/3を無駄にしてる(あとの1/3は酒を飲めない人)なんて思うくらい!結婚後は絶対に食のバランスが崩れてしまって余計に無駄に太る気がしていたし。でも二人分のそれぞれのおかずを作るほど暇じゃないっていうか・・自分しか食べない料理は寂しいしね。。
書いていて気づいたのは、それを楽、と認識する人に育てられたゆえのその偏食なんだなって。そして偏食の人って頑ななんですよねー(苦笑)食わず嫌いっていうか。赤子にはその偏食部分だけはお願いだから受け継がないでって思います(笑)
Commented by non2t at 2009-02-20 14:09
czblueさん
こんにちは!
そうそう、ひどいでしょー!もっとあるんだよ、忘れているだけで。好き嫌いが多い、とかいう次元じゃないんだよ。。でも親はそういう風には思わないんだね・・っていうかそんな子供をそのまま育てたのだもんね。

私も、食に対してわがままな子じゃなく育ってくれたらなって思います
どう考えても、何でも美味しく食べれるほうが幸せだものね。旬の野菜や、魚の美味しさを、つくづく味わえる自分は幸せだなーと思うし、日本人ならではの食の良さもしみじみ感じるのも幸せです。
Commented by wan2008 at 2009-02-20 14:22
だんなちんの嫌いなものリスト、うちのだんなさんとすごく似てるー。
一方私は好き嫌いまったくなんですが、私の両親が偏食なんで、だんなさんの好き嫌いは許容できてます。
といいますか、だんなさんの嗜好完全無視で自分が食べたいものを食卓にならべていますよ。食べたくないなら食べなきゃいいよ~くらいの感じで(笑)
nonさん、我慢してあわせててえらい!私は食に関する我慢だけはできないです。
Commented by non2t at 2009-02-20 14:43
wanさん
こんにちは!お!こんな偏食に似ている人がいるのですね!!
多分旦那ちんの性格上、食べたくないなら食べないでいいよ方式でやるとほんとに食べないと思います(苦笑
保育園のときに、全部食べないとダメだよーと言われ、嫌いなバナナ(今は好き)を握り締めたまま涙目でおばあちゃんの迎えを待っていたくらいですから(笑
私は好き嫌いがない分、合わせるしかない、という感じです。
我慢しないで好きに作ってみたいな~。wanさんが羨ましいですね。
Commented by ちっち at 2009-02-20 19:08 x
こんばんは~
お母さんにとっては、息子は自分の作るもので育ってきてるわけだから、ラクでしょうけどねぇ・・・嫁はそうとは限りませんよねぇ。
食に関してわがままじゃない子に・・私も自分の子にはそうなってほしいなぁ。
Commented by shimotaka1971 at 2009-02-20 23:56

こんばんは!

ちょうどわが家の「食」問題について考えて(書いて)いたところでした……。
偏食の旦那ちんと好き嫌いのないダーリンはまったく逆に見えるけど、
「あまり“食”にこだわりがない」という意味では同じなのかもですね。
ウチは好き嫌いないし、「手作り」にこだわりないし、
「スーパーのお惣菜でもいいんだよー」なんて言われてなんか理解があるオット風ですが、
「そんなことしなくていい」って言われると、
せっせとご飯作ることが「無意味だ」って言われてるみたいでちょっと(かなり)イヤです。
でも、この年で「食」に関する意識を変えるのって難しいですよね……。
せめて黒王子×白王子には最低限の「食」の楽しさみたいのを知ってほしいなー。
と思って離乳食せっせと作ってます。はーめんどくさ。




Commented by non2t at 2009-02-21 18:31
ちっちさん
こんばんわ。今日は天気はいいのだけれど風が冷たかったー。
そうですよね!言われてみれば自分の得意料理で育てたようなもんだもん(笑)義母さんは楽に決まってますよねぇ。
うんうん。
私も赤子は旦那ちんのようにスリムなのはうらやましいけれど、偏食だけは避けて欲しいです。
Commented by non2t at 2009-02-21 18:34
サマンサさん!
こんばんわっ。
ダーリンさんの干物と納豆。素晴らしいです!私も大好きな組み合わせですが、どちらも旦那ちんの超キライなものです(笑
でも確かに毎日それでいい、というのも張り合いがないですよね。
そう、今になって治して欲しいというのは諦めたのですがその苦労をまったく分かってないっていうのが(多分旦那ちんも)
なんか凹むんですよねー。
そうそう食の楽しさ!そういうものをちゃんと身に着けて欲しいです。
それには絶対に母親の影響大だと思うので(特に男子は)サマンサさんの頑張りは絶対成果があるはずですっ!
Commented by FondueM at 2009-02-23 06:03 x
育った環境や家族の価値観が反映されている食の嗜好。理解出来なかったりするけど、夫婦であれば受け入れていかざるを得なかったりするので大変ですよね。私の主人はドイツ人(お母様は日本人なのですが)とは言え好き嫌い皆無で、納豆でもどんと来い、和・洋・中、出された物は全て『美味しい』と食べるので、国際結婚をして食の面で苦労をしている方が少なくない中(留守中食べた焼き魚の匂いに反応し、『臭い!』とヒステリー起こしたフランス人の旦那様とか。)、良かったなぁと思います。料理に関して主人はノータッチなので、私が作ったもの食べないなんて許さないわよ的鬼嫁オーラーのせいも多々あるかもしれませんが(笑)。だからこそ、旦那様に合わせて沢山の我慢や努力をされているのだろうnonさんがお義母様の一言に反応してしまう気持ち、当然だと思いうのです。価値観が違う&愛する息子だからそういう台詞になってしまうのだろうなと納得しようとしても、イラッと来てしまいますよね。。。
関係無いですが、昔の彼氏が『ハンバーグって、子供の頃は、全部イシイのハンバーグだと思ってた。』と言われ、悪い・・・と思いながらも心の中でドン引きしてしまった事が。
Commented by non at 2009-02-23 10:25 x
FondueMさん
おはようございます!今日はこちらは冷たい雨ですー。
いいですねぇ~旦那様!なんでも美味しいと喜んでくれたらどんなに作り甲斐があるだろうと羨ましい限りです。
そうそう、石井のハンバーグ。私も食べたことなかったのでド肝を抜かれました(笑)以前から「それがあれば何杯でもご飯が食べれる」とは言われていたのですが、食卓に上がることはなく。「いくら言ってもnonは出してくれない」という話を義兄が聞いていて「nonちゃんにしたら、究極の手抜きというイメージだからどんなにリクエストされてもなかなか出せないもんじゃないのかな?」と言ってくれたんですね。よくぞわかってくれた!と嬉しくなりました(苦笑)旦那ちんはそういう私の心情?みたいなものもわからないんですよね~、そういうのを手抜きとも思わないといいますか・・。まあまあ仲良し夫婦ではあると思うのですが、その点では他のどの夫婦よりも気があってない(笑)と思われます・・・。むぅー。
by non2t | 2009-02-20 08:47 | 妊娠生活 | Comments(13)